銀歯は一生ものではない!?|熊本県荒尾市の歯医者

銀歯は一生ものではない!?|熊本県荒尾市の歯医者

新着情報

銀歯は一生ものではない!?

  • ブログ
  • 一般歯科

こんにちは ふかうら歯科医院です。

銀歯は一生ものではありません。虫歯を削り、その部分の型を採り、型に合わせた銀歯を作り、歯にセメントで接着させています。
今回は、銀歯が取れる原因ベスト5を紹介します。

1)虫歯になった時

銀歯がとれる1番の原因は、虫歯が挙げられます。

虫歯になると銀歯と虫歯の間に歯が溶けて空間ができます。そのため、銀歯が外れてしまいます。銀歯は、もともと、歯との間に隙間がありますので、それをセメントで埋めています。そのため隙間に入る虫歯菌より虫歯になることが多いため、知らない間に虫歯になり、銀歯が取れるという流れになります。

2)セメントの寿命

セメントは溶けるものではないと言う認識があるかもしれませんが、毎日唾液と食べ物にさらされているのでセメントも溶け出します。溶け出した部分には、隙間ができるのでそこから虫歯になる、あるいは銀歯がとれるということが起こります。セメントも以前に比べると強さも硬さも比べ物にならないくらい進化していますが、それでも保険で使用されるセメントは、自費で使用されるセメントに比べて弱い部分があります。

3)歯ぎしり・食いしばり

基本的に普段の食事でセメントが壊れたり銀歯が外れることは少ないです。では、どんなときかと言うと眠っている時だと言われています。歯ぎしり・食いしばりは、寝ている間に起こり、歯1本に体重の1.5倍の力がかかっています。

4)強い衝撃

何か強い衝撃を受けた時、例えば、顎を強打して、上下の歯がぶつかってしまった場合が考えられます。このような時は、顎の力を制御できませんので、強い衝撃が銀歯にも加わります。

5)キャラメル・ハイチュー・ミルキー

銀歯の天敵ハイチュー・キャラメル・ミルキー

銀歯は、セメントを介して歯と接着を促しますが、銀歯とセメントの接着はそこまで強くありません。そのため、銀歯が取れたと来る患者さんの歯を見てみると歯の方にセメントが残っている場合が多いです。

ハイチューは、セメントと銀歯の接着を剥がす粘着力がありますので、銀歯の部分でハイチューを咬むとひとたまりもありません。

4F74CEE5-212E-45D8-81E9-8E1BEC4C560E

銀歯がとれたらまずは飲み込まないように注意してください!!

虫歯になっていない場合は再利用が可能な時がありますのできれいに洗って来院される時に持ってきてください。

患者さんの中には銀歯が外れた歯を鏡で見たら黒かったので、虫歯だと思い銀歯を捨ててしまったという方がいらっしゃいます。実は、セメントが黒く着色している場合もありますので、ご注意ください。

銀歯が取れたら1日でも早く来院してください!!当日来院も可能ですが予約の方優先になりますので予約をされることをおすすめします。

銀歯がとれますと象牙質という歯の柔らかい部分が露出します。この部分は、柔らかいので虫歯になりやすく、進行も非常に早いです。放置していたら激痛となり、神経の治療が必要になったという患者さんを何人も診てきました。また、できるだけ早く行けば銀歯の中で虫歯が進行しても神経の治療に至らない場合も多いです。

神経の治療を行うと治療回数が多くなりますし、歯の寿命も短くなってしまいます。銀歯がとれてしまった場合は早めに来院してくださいね。

img_7137-1.jpg

 

ページトップへ戻る